読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ババドック~暗闇の化物~ 誰にとってのホラーなのか?

ネットの評価で結構怖いと高評価であるとこを仕事仲間に聞き、試しに自分が見てみることに。

前に見た映画に予告が入っていて、気になった作品であったことを思い出し、ちょうど良かったという理由もあって。

 

低予算で作ったらしいが、各地の映画祭で評判だったらしく、本国オーストラリアの映画祭で受賞もした今作。

評価も高いようなので、一度は見てみても良いかもしれない。

 

 

 

あらすじ

息子サミュエルと2人で暮らすシングルマザーのアメリア。

息子を出産するために病院に移動中、事故で夫を亡くしている。

 

学校に通いだしたサミュエルだが、彼のせいでアメリアは疲労困憊、心身はボロボロの状態に。

毎晩怖い夢を見たと言ってアメリアを起こし、家の中に怪物がいないことを確認してまわる。

そのあと絵本を読んでくれと頼まれる。

ようやく寝たと思ったら、サミュエルはアメリアの髪、耳、喉などを触ってくるので、彼女は眠れずに朝を迎える。

 

さらにサミュエルは、学校でも問題を起こす。

度重なる問題行動の末、アメリアは呼び出しを受け、学校を退学となっても、サミュエルは自分の考えを押し通し、癇癪を起こす。

一日中彼に振り回されている。

 

そんなある日の夜中、いつものように起こされ、家を見て回り、絵本を読むことに。

すると、見たことのない本を持ってくる。

不審に思いながら読んでいると、それは『ババドック』という怪物がやってきて、子供の中に入り込むという不吉な内容。

しかもそれは、途中から白紙となっている。

気味が悪くなり、後日タンスか何かの上に隠すアメリア。

 

そして絵本を読んだあと、息子は何かを意識しだし、何かにつけて「ババドックが来る」と言ってくるようなる。

「そんなものはいない」と彼をなだめるも、癇癪を起こされる。

 

だがある夜、アメリアが寝ていると、彼女のもとにも『ババドック』が現れる。

 

 

 

大体半分、省いた部分があるけど。

 

正直怖くはない。

そして疑問に思ったのは「これはホラーか?」ってこと。

色々なことが起こってアメリアの行動に変化が現れるが、これの半分は育児ノイローゼだろって話になる。

それとサミュエルを否定する気持ち。

最後で明かされる部分なので深く言わないが、結局息子という存在はどういったものなのか。これを認識するのがこの映画のキモになる。

 

個人的な評価としては、アメリアとサミュエルの演技がすごい。

とくにサミュエル。

あの子の煩わしさや怖がり方はすごいなぁと感心した。

アメリアのボロボロになりながら頑張っている表情、後半の壊れっぷりもすごい。

 

あと絵本の出来はとてもいい。

あの絵本、書いてある内容がアレだけど、雰囲気あって作りはとても好き。

作中で2回しか出てこないのはもったないと思った。

あの絵本を使って、もっと恐怖を引き立てることはできたはず。

 

途中で出てくる、アメリアに好意を抱いているっぽい男性がいたが、登場3回で使い捨てのように出てこなくなる

これももったなくない?

折角登場するんだし、物語に絡むことができたのでは?

被害者になってもいいと思うし。

 

 

 

やっぱりホラーとしてみてしまうと残念な映画。

化物とかの怖さではなく、人間の怖さを見る映画ではないか。

低予算で作った割にはクオリティは高く、その辺は個人的に高評価。

 

 

 

では、本日はこの辺で。しーゆー!