読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロ-バーフィールド

基本的に映画の背景というか、詳しい説明がされないで終わってしまうこの映画。

答えがでないことに不満を漏らす人が多かったようですが、自分はこの内容に満足した人間です。

 

あと、酔うという意見も多数。

この映画の内容はビデオカメラで撮影した内容を流している、という設定。

ブレアウィッチやRECみたいな感じです。

 

過去に続編が出る見たいな話もあったようですが、中止になった様子。

期待していたのに残念。

やる気にならないかな、監督さん。

 

 

あらすじ

 

始めにアメリカで起きた事件(暗号名クローバーフィールド事件)の説明が少々。

簡単に言うと民間人がビデオカメラで撮影した映像である、という内容。

 

ことはニューヨークのアパートで暮らすロブが日本に転勤が決まり、それのパーティーをする。

その様子を撮影するためにビデオカメラが回されるはずだった。

 

突然アパートが揺れ、地響きがしたあとに停電、爆発。

何が起きているかわからず、外に出てみれば、落ちてくる大きな影。

落ちてきたそれは吹き飛ばされた自由の女神像の頭部。

 

この異常な状況にたくさんの人が慌て、悲鳴を上げる。

その時、街の中に人々を襲う巨大な『何か』を発見する。

 

この『何か』へ攻撃をするために軍隊が到着し、状況はさらに悪化する中、ロブ達はブルックリンブリッジへ向かうがそこも『何か』に襲われて・・・

 

 

この辺までで大体半分ちょっと前。

最初のパーティーの映像が少し長いかな、一緒に逃げる人間の紹介があるから。

 

最初にも書いたけど、結果的に何が起きたのか答えが出ません。

街を襲った巨大生物は何か?

後々現れる小さい化物も出てくるけどそれも説明なし。

そのモンスターに襲われた人間のすごい死に方。などなど

 

映画として見ているから、最後に全てがわかるのが当たり前みたいに思っている人が多いのかもしれないけど、別にそんなことはない。

 

何が起こったのかわからないから人は恐怖する。

だからこの映画は面白い。

これ以上の説明はいらない。

 

ちなみに、ビデオテープはこの事件の1ヶ月前にロブが彼女とのデート風景を撮影したものに上書きしているため、事件映像の合間にデートの映像が流れます。

いきなり画面が切り替わっても、お使いのDVD・BRプレイヤーは正常です。

 

このデート風景に少しだけこの騒動に関するヒント?があります。

気になる方は他の考察サイトがあったりするので探してみてください。

一応ネタバレなのでこちらには書きません。

 

あと、これはどうでもいい話かもしれないけど、エンディングはゴジラのテーマソングのオマージュ。

 

 

 

では、本日はこの辺で。しーゆー!

 

広告を非表示にする