読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトルオブバミューダトライアングル 海で宇宙船と戦うお話?

いやぁ、とてもB級臭がプンプンしてきそうなこのタイトル。

中身はまさにこれぞB級!って感じです。

 

これはタイトルに惹かれてレンタルしました。

内容も一応確認しましたが、判断基準になってません。

 

期待していた通りの内容で、個人的には満足です。

※決して高評価という意味で満足ではありません。わかりにくいかな?

 

まぁ、さらっと内容でも紹介しますか。

なかなか楽しめると思いますよ、ツッコミが多くて。

 

 

 

あらすじ

大統領を乗せたエアフォース・ワンが飛行中、嵐に襲われ、墜落する。

墜落の寸前、護衛やなんかの人が、大統領だけを脱出ポットに入れて脱出。

(紹介がなくて誰なのかさっぱりわかりません。あ、床屋のお兄さんがいたかなw)

 

場面が変わり海の上。

脱出ポットの信号からこの「バミューダ海域」に大統領がいるらしい。

たくさんの船が大統領を救出に向かう中、ヘリに乗って主人公の部隊到着。

司令官から状況を報告され、大統領救出に参加。

(主人公は司令官と面識有り、過去に同じ司令官の命令を無視して犠牲者を多数出したらしい。なぜそんな人間を呼んだか疑問)

 

命令を絶対に守れみたいなことを念押しされたところに巨大生物に襲撃されるが、これをなんとか撃退する。

 

大統領のポットの酸素が長くもたないため、作戦を進めなければならないが、最新型の潜水艦があっても、巨大生物を撃退する兵器は搭載されていないらしい。

急いで運んでいるから、それを搭載してから救出に向かうという。

 

しかし主人公は待てないらしく、武装なしで海に潜るという。

当然却下(当たり前)されるが、結局命令無視。

潜水艦の操縦手1名と海洋学者?を引き連れて潜水開始。

(ちなみに、主人公部隊6名程が皆潜水艦の操縦ができるようで、問題なく潜水が始まる。精鋭部隊か?)

 

そんなこんなで海に入ると巨大生物に襲われたり、海流に流されたりしながら脱出ポット付近に到着。

そこは海底洞窟の中。

 

そこから彼らは歩いて大統領を探しに行くが、そこは・・・

 

 

一応ここで半分くらいです。

()で書いたのは自分が見ながらツッコミを入れてしまった部分です。

その合間にも結構ツッコミましたが。

 

ここから先は、海上で襲われた怪物に襲われたり逃げたり、まぁ王道な感じのストーリーです。

一応ボスみたいなのが出てきて、あの有名映画と同じような感じで倒します。

 

正直ホントB級って感じ、といえばそれで終わってしまうのですが、全体的に見るのがしんどいと感じるほどではありませんでした。

 

いろんなところでツッコミが入るため、笑って見られます。

潜水艦の操縦は、なぜか操縦桿が2つあって2人が同じように操縦桿を回したり、大統領が潜水艦の仕組みに詳しくて、逃げるための方法を教えてくれたりとか。

その辺を「くだらない」と思わず、むしろこの映画の評価すべきところと思って見られる人にオススメします。

 

良くないところを上げるとすると、主人公かな。

あれはちょっと自己中すぎです。

軍法会議にでもかけて除名したほうがいいんじゃないかと思う。

親友が死んだのはお前のせいだ!

 

 

個人的に驚いたのは司令官役がリンダ・ハミルトンだったこと。

知ってい人も多いと思うけど、ターミネーターのサラ・コナー役の人。

こんな映画に出ているなんて、と驚いてしまった。

 

 

では、今回はこのへんで。しーゆー!